消費者金融一覧ランキング

エイワ消費者金融の口コミ

理想の融資先とは、低金利で審査が迅速、即日融資対応、更には無利息期間のある消費者金融が望まし
いでしょう。

金融会社一覧

低金利なのは大手銀行系

一番低金利で借りやすいのは、大手銀行系のカードローンです。金利は5.0%以下のところが多く、
一昔前の銀行ローン並の低金利です。しかも、銀行やコンビニのatmで出し入れが可能であるため、
非常に利便性が高いのも評判が高い理由です。もしも現在、他社からの借入が無い状態のサラリーマ
ンの方ならば、間違いなく審査に通りますので、迷わず銀行系のカードローンを選ぶべきでしょう。

しかし、銀行系のカードローンは低金利でお得な反面、審査が厳しいことから誰でも審査に通ると
いうわけにはいきません。特に他社からの借入が多い方は警戒が強くなるため、以下のようなタイプ
の方は諦めたほうがいいでしょう。

  • 他社からの借入が3件以上の方
  • 借入総額が年収の三分の一を超えている方
  • 定収のない方
  • 無職

借りやすいのは中堅消費者金融

国内で一番多い貸金業者が中堅の消費者金融です。中堅クラスでも中にはwebサイトから申し込み
ができる貸金業者もありますが、大部分は店舗での窓口審査となります。したがって、審査をする
人によっては申込者の人間性などが審査に加味されることもあります。

つまり、中堅の特徴としては、大手ほど審査基準が厳しくないのと、大手のような機械的な審査で
はないという点です。中堅の中でも特に審査基準が甘い業者では、他社からの借入件数が5件を超
える場合でも、融資が可能となるケースがあります。

以下は中堅消費者金融の特徴です。
  • 利用者の多くが大手で審査に通らなかった人です
  • 大手ほど審査が厳しくない
  • 審査は店舗での窓口審査
  • 地域密着型が多い
  • 定収の無い人や無職は不可

0

確実に借りるためには

まず、お金を借りるためには、借入審査の条件をクリアした上で、貸金業者と金銭消費賃借契約を
締結する必要があります。借入審査の条件については、各金融業者毎に相違しますが、審査項目に
ついては同じです。以下が主な審査項目となります。

  1. 年収
  2. 勤続年数
  3. 現在の借入件数
  4. 現在の借入総額
  5. 過去の金融取引履歴

通常のサラリーマンであれば、年収と勤続年数はクリア簡単にクリアできるはずです。極端に短い
勤続年数では不可ですが、半年以上なら問題ないでしょう。一番重要となるのは現在の借入状況で
す。これは各金融業者によって大きな相違があるのも事実で、大手と中堅、それよりも更に小規模
なマチキンとでは審査基準で大きな格差があります。

目安となるのは、借入件数が3件で、3件以内であれば大手、3件〜6件であれば中堅、それ以上
の借入件数であれば小規模零細マチキンを選択すれば、審査に通る可能性は高くなるはずです。

それと過去の金融取引履歴は、信用情報機関からの個人情報によってすべて把握されてしまいます
。もしも、過去5年以内に自己破産などの債務整理や、返済の遅延を繰り返していた方は事故情報
(ブラックリスト)に登録されている可能性があります。そういった方は、絶対審査には通りませ
んので、登録情報が削除される期間(通常は5年〜7年)を待つしか方法はないでしょう。

金融と経済の基礎知識