消費者金融

エイワゼロ金利政策

 ゼロ金利政策とは、デフレスパイラル(物価下落と景気悪化の悪循環)の回避などを目的として、日銀が採った超低金利政策のことを呼称します。日銀は1999年以降、コール市場に大量の資金を供給し、今日借りて翌日返済する、無担保翌日物のコールレートを実質的に0%へ誘導しました。日本経済が物価下落と景気悪化の悪循環に陥ることを避けるための措置ですが、世界的にも類の見ない前代未聞の金融緩和政策で、日銀自身も非常事態の異常金利であることを認めています。何しろ、お金を借りても金利がかからないのですから、極めて以上な状態といえるでしょう。

 この政策は2000年にデフレ懸念が払拭されたとして、一旦解除となりましたが、翌年日銀はコントロールの対象を金利からマネーの量に変更して、量的緩和政策に踏み切りました。これは、金利の引き下げを直接的な目的にしたものではありませんが、無担保コール翌日物の金利は再び0%近くになり、ゼロ金利政策が事実上復活した形となりました。


金融業界の基礎
金融業界のリスク
日銀特有とは
ゼロ金利政策
国際金融市場

利用規約
免責事項
プライバシーポリシー

Copyright(C)2005
エイワ消費者金融