消費者金融

エイワ日銀特融とは

 金融機関が手元資金不足に陥り破綻の危機が迫った際、日銀が無担保・無利息で緊急の融資をすることを、日銀特有と呼称します。

 一般に、銀行のような金融機関は預金者からの預金を貸し出しに回すわけですので、発券銀行である日銀が貸し出す元手は、いわば自分が刷ったお金です。つまり、日銀が誰かにお金を出したいと思えば、いくらでもお札を刷って貸し出せるわけです。そのために、日銀は最終的な貸し手と呼称されています。日銀特融には、日銀が乗り出したから大丈夫という安心感を人々に与えて、パニックを防ぐ意味もあり、この心理的な作用が大変重要なのです。

 ある金融機関の経営が悪化しているという噂が流布し、ひとたび取り付け騒ぎが発生すれば、その影響は他の金融機関にまで広がり、たとえ健全な経営をしている金融機関でも破綻してしまう可能性があります。というのも、銀行などの金融機関は預金の殆どを貸出に回していますので、急に返せといわれても手元に十分な資金がないからです。最近では、1997年の北海道拓殖銀行や山一證券などの金融機関の経営破綻の際に、日銀特融が発動されています。


金融業界の基礎
金融業界のリスク
日銀特有とは
ゼロ金利政策
国際金融市場

利用規約
免責事項
プライバシーポリシー

Copyright(C)2005
エイワ消費者金融